伝統文化と経営戦略

「和食」日本人の伝統的な食文化がユネスコ無形文化遺産に登録されてますね。この素晴らしい伝統文化に欠かせないのが「出汁」です。

当事務所のお客様で鰹節一筋に明治初頭から経営されてる会社が有ります。

今日は鰹節工場へお邪魔して工場長さんから海水温の変化による漁獲量の変化、食習慣の変化、流通の問題など…沢山お話が聞けました。

昨今ではAI化やオートメーション化が進み、人の手をいかに加えないか、いかに軽量・簡素化していくかという課題があります。

しかしその反面、手のかかる美学というものも私はあると思います。

確かにササっとつかえる顆粒出汁はとても便利ですが、良い鰹節からとるひと手間かけた出汁には敵いませんもんね。

この素晴らしい伝統文化を未来に、次世代の子ども達にどの様に伝えて行くのか若い四代目と思案中です。

本枯れ節
写真は本枯れ節です!(^^)